詰め込み方教育

一般教育

詰め込み型の教育が近年問題視されています。
そのためか、極端に知識を与える学習を嫌っている方がいます。
しかし、成長の時期や状況に応じては知識を詰め込むほうが良いときがあります。
そのタイミングは人それぞれですが我々としては下記のように推奨しています。

10歳までは、体験型の教育推奨します。
自然を通じて学んだり音楽を聴いたり芸術に触れたり時には知らない地へ行ったりといろいろな学習法があります。

10才からは、知識を詰め込むことを推奨しています。
もちろん、発信のやり方も同時に学ぶ必要がありますが発信するものが乏しいのも問題です。
先人たちの知識を知ることもとても重要です。
そして、この知識の吸収は、大人になってからも必要です。
新聞を読んだり本を読んだり日々知識を吸収する必要があります。

年代によって吸収するべき知識は異なります。
例えば20才から30才は、自分のアイデンティティとキャリヤを築くための時間ですので自分のキャリアを築くために必要な知識を吸収する必要があります。
その中には、恋愛や結婚もかかせません。